あなたにピッタリのSNSが見つかる!6つのSNSのメリットデメリットまとめ

副業 女性 OL 主婦 週末 収入

こんばんは!

前回の記事では、好きなことで稼げるわたしになるために「得意なこと」「好きなこと」「今まで乗り越えてきたこと」を思い出そう♡という記事を書きました。

この記事を読んであなたが伝えたいメッセージは見つかりましたか?

今日は伝えたいメッセージが見つかったあなたへ。その伝えたいメッセージの届け方を共有してますね^^まだ伝えたいメッセージが見つかっていないあなたも大丈夫。発信を続けていくうちにきっとあなたが届けたいメッセージが見つかります。焦る必要はありません。ゆっくり、でもしっかりと見つけていきましょう!(見つからないからといって、見つけようとすることをサボってはいけませんよ〜〜〜!) 

では、本日の記事スタートです♪

 

SNSってなんだ?!

当たり前のように使っている「SNS」という単語ですが、みなさんはこの単語の意味を説明できますか?

辞書で調べるとこのように書いてありました!

SNSとは・・・
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英語: Social Network Service)の略。人と人とのつながりを促進・サポートする、幅広いコミュニケーションを取り合うことを目的としたコミュニティ型のWebサイトのことである。(出展:コトバンク

なんだか難しいですね・・・(汗)

要するにインターネット技術を使って世界中の人とコミュニケーションが取れるWebサイトやアプリのことですね!インターネット技術の進化とこのSNSの進化によってわたしたちは、いつ・どこにいても世界中の誰とでも繋がれるようになりました。

つまりSNSを使えばわたしたちはどこにいても世界中に向けてメッセージを発信することができるのですね^^

副業をする上で「伝えること」つまり「わたし自身やわたしのサービスを発信すること」はとても重要です。SNSを上手に使って世界のどこかにいるあなたのメッセージを必要としている人までメッセージを届けましょう!

 

SNSってどんなものがあるの?わたしに向いているものは?

一言で「SNS」といってもその種類はたくさんあります。ここでは主に副業で使えるオススメのSNSをご紹介していきます。併せてメリット・デメリット、向いている人についてもまとめていきますのでぜひあなたにピッタリなSNSを見つけてメッセージの発信を始めてくださいね!

 

Facebook

Facebookは交流系SNSと言われていて、会員同士で情報交換や意見交換を行うことを目的としています。日本国内だけで2000万人以上のアクティブユーザーがいると言われています。世界でみると毎日10億人以上が使っているとか・・・!(アクティブユーザーとは会員登録を行い、日常的にFacebookに投稿したり閲覧しているユーザーのことです。)

一昔前の大ブームが去ったとはいえ、まだまだ多くの人が利用しているFacebook。Facebookの特徴は実名登録が基本的なルールであるという点です。そのため信頼性の高いツールとなります。また誰もが簡単に使えるというのも特徴のひとつです。

また友達の友達にまで投稿が届く仕組みがあるので、拡散を目的として使用すると良いでしょう^^ただしアクティブユーザーが多いがゆえに投稿が流されやすいというデメリットもあります。このデメリットを補うために1日に数回投稿するのがオススメです。

 

Twitter

Facebookと同様、Twitterも交流系SNSのひとつです。日本では4000万人近くが使っていると言われています。

Twitterの特徴は1回に投稿できる最大文字数が140文字という点です。(英語圏では最大文字数が28文字に増えたようですが日本語はまだ見たいですね。)たった140文字であなたの伝えたいことを伝えなければなりません!「言葉」が得意な人。短文でセンスのある文章が書ける人にはオススメです♩

センスの良い言葉や面白いつぶやきは「リツイート」機能でどんどん拡散されていきます。友達の枠を超えて不特定多数の人に情報が拡散されていくので拡散力抜群のSNSと言えます。ただしFacebook同様に投稿が流されやすい点がデメリットです。

 

Instagram

写真やイラストを共有できる写真系SNSです。写真やイラストであなたの世界観を表現することができます。写真やイラストはもちろんのこと、料理やパン、アクセサリーや洋服、ネイルなど「見せる」ことで「魅せる」ことができるものにはピッタリのツールと言えます。

ただし拡散力は弱いです。いかにフォロワーを増やして、フォロワーにいいねをもらうか。フォロワーの期待を裏切らず一定のクオリティを提供し続ける必要があります。クオリティが下がったり、投稿の系統が変わると去っていくフォロワーが多いです。それだけ「あなたの世界観」を見られているということです。

 

アメブロやWordpressなどのブログ

伝えたいメッセージがある人専門的な知識がある人文章を書くことが好きな人にオススメです。ブログ記事を書き溜めていくとそれが資産となります。あなたの熱いメッセージを書き続けることが、お客様からの信頼を得ることに繋がります。

ブログが資産になるまで時間がかかることがデメリットです。

アメブロは無料でブログを始めることができますが、カスタマイズに限界があります。またSEO対策がしにくいのがデメリットです。ただし会員数が非常に多く、はじめたその日から誰かに読んでもらえる可能性があります。また「いいね」や「リブログ」「メッセージ」などで会員同士の交流ができることも特徴です。

WordPressはサーバー代やドメイン代などの費用がかかりますが、カスタマイズが自由にでき個性を出すことができますSEOに強いと言われているのでお店やスクールなどをしていて、将来的に自社ホームページを作りたいという思いがある人にはピッタリです。ただしカスタマイズが自由ということは自分でしなければならない作業が多くあるということ。パソコンが苦手な人には少しハードルが高いと感じるかもしれませんね。(外注という手はもちろんありますがその分、お金が必要です。)

SEOとは・・・
サーチエンジン最適化(Search Engine Optimisation)の頭文字。検索サイトにおいて、自分のウェブサイトが希望のキーワードで検索された際に検索結果の上位に表示されるよう、ウェブサイトの構成や個々のページの内容等を調整すること。(出展:コトバンク

 

YouTube

Google社参加のYouTube社が提供する動画コンテンツ共有サイトです。会員登録をすれば誰でも動画をアップロードすることができます。視聴をするだけであれば会員登録をする必要がないのが特徴です。テレビと同様に視覚、聴覚、感情に訴えかけやすいツールなので商品の説明やアピールに非常に有効です。話すことが得意な人やメイク技術など「見せながら」説明する方がわかりやすいものをサービスとする人にはピッタリなツールです。

ただし動画の編集スキルが必要なので、そこがネックになる人も多いかもしれませんね。また会員登録をしなくても視聴することが可能なので、「見ているだけ」の人が多く会員同士の交流は他のSNSに比べると少なめです。

 

LINE@

7000万人以上が使用していると言われているLINE。そのLINEを利用し、一度に複数の人にメッセージを送ることができるサービスを「LINE@」と言います。開封率が高いツールですが、長文や頻繁な更新には適していません。送り手と受け取る側が気軽にコンタクトを取れることも特徴です。送信時は「1対多」ですが、受け取った側からの返信は「1対1」となるため親近感を感じさせることができます

LINEを使用している20代前半以降のLINEを頻繁に使う層がお客様である場合は有効であると言えそうです。

 

 

ここまでSNS6種の特徴とメリットやデメリットをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?あなたにピッタリのSNSは見つかりましたか?

「自分自身の得意なこと」と「自分自身のサービスに向いているものは何か?」を掛け合わせてぜひあなたにピッタリのSNSで発信を始めてみてくださいね^^

どんなに熱い想いを持っていても、どんなに良いサービスを持っていても、必要な人に届かなければ意味がありません。必要な人に届けられるためにもSNSでの発信を「今」からはじめてください!

 

今日の記事はここまでです。

ありがとうございました♡

♡PickUp♡

♡Recommend for you♡

  1. この記事へのコメントはありません。